レジでの接客について

コンビニ

これでもコンビニ店長の赤い人です。

今日はレジ接客で日頃気になってることについてお話しします。

レジスタッフ

今回の話は、コンビニに限った話ではなく、

「コンビニ」「スーパー」「ドラッグストア」などのレジ接客についてです。

日頃アルバイトスタッフに指導する立場のため、

プライベートで買い物をする際にとても気になっていることがありました。

ここからは私の持論にもなるのですが、

お客様の会計をする際に、

「お支払いいただく合計金額」は必ずお伝えするべきだと思っています。

支払い金額も伝えず、お金を払えっておかしくないですか?

実際に遭遇した例

ちなみに、新人さんに教える際は必ず、「〇〇円です」と言わせています。

そんな中、私がプライベートの買い物の際に遭遇した驚きの例を2つ紹介します。

1、購入金額いくらか絶対に言わない某スーパー

某人気スーパーで買い物する際、特に年配女性のレジスタッフの方は、

ほとんどの方が金額提示せずにレジを進めます。

この接客がこのスーパーで教育していることなのかと思う頻度です。

2、注文聞く前に支払い方法を聞くお弁当やさん

まず、どの商品を買うか?商品の注文すらしてないのに、

まず「お支払い方法は?」と聞いてきてびっくりしました。

金額提示とか以前のことで、何を買うかも決まってない状態で支払い方法を聞いてきます。

以上レジ会計時に必要なことと、驚きの経験をお伝えしました。

接客業をしていない方には、そんなに驚くことではないかもしれませんが、

これが当たり前と思っています。

みなさんはどう思いますか?

X(旧ツイッター)もやっていますのでお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました